放送局日記について

放送局日記では、番組内容やパーソナリティの近況報告、イベント、番組プレゼントなどの最新情報を随時ご紹介していきます。
RSSで最新情報を受信するRSSで最新情報を受信する

番組紹介&パーソナリティ

イベント情報

スポンサー

カタリスト

カテゴリー

月別アーカイブ

放送局日記内検索

放送局日記・番組審議会議事録

番組審議会議事録

●過去開催分
■第12回 平成20年9月25日  ■第13回 平成20年11月27日
■第14回 平成21年1月29日  ■第15回 平成21年3月26日
■第16回 平成21年5月28日  ■第17回 平成21年7月30日
■第18回 平成21年10月29日  ■第19回 平成21年11月26日
■第20回 平成22年1月28日  ■第21回 平成22年3月25日
■第22回 平成22年5月29日  ■第23回 平成22年7月29日
■第24回 平成22年9月30日  ■第25回 平成22年11月26日
■第26回 平成23年1月27日  ■第27回 平成23年3月31日
■第28回 平成23年5月26日  ■第29回 平成23年7月28日
■第30回 平成23年9月29日  ■第31回 平成23年11月24日
■第32回 平成23年1月26日  ■第33回 平成24年3月29日
■第34回 平成24年5月31日  ■第35回 平成24年7月26日
■第36回 平成24年9月27日  ■第37回 平成24年11月29日
■第38回 平成25年1月31日  ■第39回 平成25年3月28日 
■第40回 平成25年5月30日  ■第41回 平成25年7月25日 
■第42回 平成25年9月26日  ■第43回 平成25年11月28日 
■第44回 平成26年1月30日  ■第45回 平成25年3月27日
■第46回 平成26年5月29日  ■第47回 平成26年7月31日
■第48回 平成26年9月25日  ■第49回 平成26年11月26日
■第50回 平成27年1月29日  ■第51回 平成27年3月26日
■第52回 平成27年5月28日  ■第53回 平成27年7月30日
■第54回 平成27年9月24日  ■第55回 平成27年11月26日 
■第56回 平成28年1月28日  ■第57回 平成28年3月31日 
■第58回 平成28年5月26日  ■第59回 平成28年7月28日 
■第60回 平成28年9月28日  ■第61回 平成28年11月24日 
■第62回 平成29年1月26日  ■第63回 平成29年3月30日 
■第64回 平成29年5月25日  ■第65回 平成29年7月27日
■第66回 平成29年11月30日  ■第67回 平成29年11月30日 
■第68回 平成30年1月25日  ■第69回 平成30年3月29日  
■第70回 平成30年5月31日   
 
 

第71回 番組審議会議事録
開催日時 平成30年7月26日(木) 18:30~
開催場所 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル10F
出席委員 委 員 長  本荘 泰司  副委員長  新田 真弓   
委   員  上村 有里  
局側出席者より 吹田まつり、豊中まつりの取材及び、お盆期間の特別編成の報告がなされた。

議  題 番組についての審議
「馬場章夫のぼらぼら千里」内コーナー“飛び出せのこりん隊”
放送時間 毎週土曜 午前10時~午後1時
コーナー 午前11時~約10分間

番組内容
・コーナー内容
探検家の馬場章夫さんが月に1回、千里ニュータウンやその周辺など
様々な場所へ取材に出かけます。取材先の魅力や問題点を
馬場章夫独自の切り口で3時間に渡って紹介します。
このコーナーでは、キッズのこりん隊が、吹田・豊中で開催されている
イベント会場へ出かけ、スタッフやお客さんのインタビューを交えながら、
イベントの様子を子供ならではの感性で伝えます。

〇 過去放送分をお聴き頂き、各委員に審議、意見を求めた
■各委員の意見は次の通り
・キッズリポーター、間も含めて上手ですね。
「さくらんぼ種飛ばし大阪豊中グランプリ2018」をどれだけ臨場感が
あるように伝えるのかと思っていたが、
実際にさくらんぼの種飛ばしを体験した感想や大会のルール、
設置ブースが多い等、事前取材もきっちりできていて、わかりやすかった。
・イベントの内容がわかりやすく、楽しく伝えてくれていたと思います。
パーソナリティーの問いかけに答えていればもっとよかったのでは。
このコーナーは、このまま続けてほしい。
・開局当初から続いているこのコーナー、初代のリポーターは
もう社会人でしょうか?歴史を感じます。
色々とコーナーが変わっていく中で、これだけ残っているというのは、
ファンが多くついているのでしょうね。大人のリポーターとは違い
場が和みます。
こういうメディアに係ること、キッズリポーターを育てているということは、
キャリア教育の一つの場でもありますし、将来に繋がる一つの道筋を
経験してくれているのではないでしょうか。

■会社側の回答として次の通り述べた。
・この番組は今までどおり、このまま続けていく

次回開催
予定
 平成30年9月27日開催予定

平成30年7月26日 千里ニュータウンFM放送株式会社 番組審議会